ケアプラン

居宅介護支援事業所(ケアプランさんぽ道)

居宅介護支援事業所とは・・・

 ケアマネジャー(介護支援専門員)を配置している事業所のことで、介護保険ご利用時の窓口となります。サービスを受ける際に必要な『ケアプラン(居宅サービス計画)』の作成や、要介護認定・要支援認定の代理申請、利用されるサービス機関との連絡調整、ご利用になるサービスの単位計算、介護のご相談などを行います。一つの事業所を選んで契約を結び、利用します。

 

居宅介護支援事業所の利用に関しては、
ご利用者の費用負担はありません。

 

介護保険制度を利用して、各種サービスを上手にご利用できるよう、
ケアプランさんぽ道のケアマネージャーがお手伝い致します!

 

◇業務のご案内

☆介護のご相談など、お話しを伺います。

 お伺いするお話の内容に沿って、介護保険制度のご利用の仕方、どのようなサービスがあるのか、どんな風に利用することができるのか等、わかりやすくご説明致します。

『ヘルパーさんに手伝ってもらいたいけれど、どうしたらいいの?』など、ご相談ください。

 

☆要介護認定調査の代理申請致します。(調査を受けておられない方。)

→詳しくは、下記(要介護認定調査の流れ)をご覧ください。

 

☆ケアプラン(居宅サービス計画)を作成します。

 お伺いしたお話しをもとに、ご希望に沿った内容の支援ができるような各種サービス機関などのご提案をさせて頂き、ご利用されるサービス機関や支援内容を決めていきます。
 車いすやベッド・杖などのレンタル、住宅改修もケアプランが必要になります。具体的なご希望がございましたら、まずお申し出下さい。

『ベッドや車いすが急に必要になったけれど、レンタルできるの?』など、ご相談ください。

 

☆サービス担当者会議を開催します。(この後、サービスご利用開始となります。)

 ご本人様・ご家族様・担当ケアマネージャー・利用するサービス機関の担当者が出席し、作成されたケアプランをもとに、これからどのようなサポートが行われていくのかを互いに確認し合います。
 車いすやベッド・杖などのレンタル、住宅改修もケアプランが必要になります。具体的なご希望がございましたら、まずお申し出下さい。

 

※その他、認定された要介護度により、介護保険サービスを1割の自己負担でどのくらい利用できるのかなども異なってきます。ご利用料金のご相談についてもお気軽にどうぞ。

『このサービスが助かっているので、もう少し利用したいのだけど、利用出来るのかしら?』など、ご相談ください。

 

要介護認定調査の流れ

(1)申請書を姫路市役所(長寿・介護保険課)へ提出します。

(2)かかりつけ医に、『主治医意見書』(無料)を書いて頂きます。

(3)認定調査員(姫路市役所から委託を受けた専門の方)が訪問します。

調査項目に沿いながら、ご本人の身体状況、精神状態、現在のサービスの利用状況などを調査します。調査項目だけでは表現できないような内容については、特記事項として記載されます。

(4)1次判定・2次判定が行われます。

認定調査員の記載した書類をコンピュータで判定し、さらに介護保険認定審査会が主治医意見書や特記事項をもとに最終的な判定をします。

(5)要介護認定・要支援認定を受けた結果が届きます。

利用希望者様の介護保険利用の可否、及び要介護度が決定します。
要介護1~5の5段階・要支援区分1~2の2段階、・非該当の合計8段階に分かれます。

 

随時ご相談を承っておりますので、
お気軽にお問合せください。
TEL (079)269-8610

※電話に出られない場合は、着信番号に掛け直しさせて頂きますので、ご了承ください。

※介護タクシーさんぽ道とは番号が異なりますので、ご確認ください。